2009年01月05日

匿名さんへの返信

先月、匿名の方よりメールをいただきました。
記載されていたメールアドレスも架空のようだったので、この場で返事を書かせていただきます。
(いただいたメールを転載しますが、匿名性が高いので問題ないと判断させていただきました)

------------------------------------------------------
コーチングの発祥が”隠された”というご意見ですが、
こんな見方はできませんか?

”隠された”のではなく、単にビジネスとして、治療行為の
カウンセリングと差別化したかった、健常者に対する異なるサービス
としてビジネスマンに認知して欲しかった。カウンセリングやセラピー
というと、少々抵抗が生まれる。

手法は一緒だが、健康なビジネスマンが、よりパフォーマンスを高める
ために、ブリーフセラピーなどを受けるサービスに、別の名前をつけた。
それが、”コーチング”サービスだった、と。

私はそんな解釈をしています。
”隠す”というと、悪意がある感じがしますが、
単にセラピーとは別のものとして認知してほしくて、名前を選んだ
だけなのでは、ないかと。

コーチングは元となる理論がありませんが、それは
コーチングは理論でなく、単に新しいサービスの形態ではないかと。
------------------------------------------------------

いただいたご意見、とてもごもっともだと思います。
また「コーチング」は理論ではなく「サービス」の一形態であるというご指摘、まったく同意します。
というか、結論を見抜かれてしまいましたね(苦笑)

ご推察のとおり「隠す」「隠された」という形容はわたしの主観が相当、込められていますし、本当に「この事実は隠しちゃえ!」という会話が創始者達の間で成されていたかどうかを知っているわけでもありません。

ではなぜそれでもわたしは「隠された」と書くのか?
それは・・・今に至っても「その事実」をオープンにしないからです。

現在でもコーチング関連書籍は新刊され続けていますが、未だに「カウンセリングは原因探求、コーチングは未来探求」と類似した記述を見かけます。
と同時に「『カウンセリングは原因追及』というのは誤りだった」という記述には出会っていません。

これらのことからわたしはコーチング界には「隠したい」意図があるのではないかと推察するのです。

例えば先日、mixiの「コーチング」コミュニティでこんなトピックが立ちました。
「コーチングとカウンセリング」
http://mixi.jp/view_bbs.pl?id=38159434&comm_id=3361
以前と比べてカウンセリングとの類似点に気づかれている方も何人かいらっしゃって心強く感じたのですが、相変わらず「カウンセリングは原因追及」と偏った認識をお持ちの方もいらっしゃいます。

つまりいずれにしろ日本のコーチング界は未だに「事実を明らかにしていない」
そして「事実をオープンにしようと言う仕組みが存在しない(機能していない)」ことに関しては、同意していただけると思います。

ところで、最近になってようやくコーチング界に新しい波が押し寄せてきています。
具体的な団体名は書きませんが、ヨーロッパで誕生した「ソリューション・フォーカスト・コーチング」という流れです。
彼らは自身の理論基盤をブリーフセラピーに求め、その事実を明示し、カウンセリング(セラピー)という枠組みを大きく乗り越えてビジネス・コンサルティングに解決志向アプローチを取り入れています。
また一対一のセッションから、グループ・ダイナミズム、チーム・マネジメント、コンサルティングという一連の流れを連続的に体系的に網羅しています。

前回「現在、日本に広まっているコーチングの基盤はソリューションフォーカスト・アプローチである」とわたしは述べましたが、とするとこのヨーロッパから来た新しい流れのネーミングはとても奇異です。
言い方を変えると、新参者に「こっちこそが本家だ」と言われているようなものです。
となると・・・確かに今更「実はカウンセリングが元ネタで・・・」とは言いにくいのも頷けます。
もはや、隠匿し続けたいのではなく「言えなくなってしまった」

こんな推理はいかがですか?
posted by Shigeo at 17:39| 備考・雑記など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。