2008年11月09日

(9)日本の事情

さて、前回までコーチングの成立事情について考えてきました。
もちろん全ては僕の推測です。
全て勘違いや単なる妄想かもしれない。
だけど、期せずして同じ年に創設された、共に「コーチ養成」を標榜する組織が、一緒の文脈で語られることが「まったくない」というこの事実。これはいったい何を意味しているというのでしょうか?
(これもまた後ほど)

ところで実は、成立事情だけではなくコーチングに関してますます混乱してしまう記述が存在します。
これもある意味、とても不思議な内容です。
・・・理解しがたい、と言っても過言ではないでしょう。

JCAコーチングニュース[Vol.3] 2002.9.2
http://www.coach.or.jp/news/backnumber/20020902.html

「しかし、最近のICFで最も大きな話題は、他のコーチング支援機関の登場です。特にICFの設立者のひとりであり、コーチング業界をリードしてきたトマス・レナード氏がコーチングについてより気軽に勉強できるバーチャル教育機関を武器に半年足らずで1万人の会員を集めたことは、ICFに対抗する脅威的な存在として捉えられています。 」(平野圭子氏によるコラム)

ICCとは「国際コーチ連盟」のこと。
筆者の平野氏は、その国際コーチ連盟のボード・メンバーというものに日本人として初めて選出され、3年間務められた方で、コーチ21創設のお手伝いもされていたようです。

しかしそれにしても「不思議な話」です。

何故ならトマス・レナード氏が創設したバーチャル教育機関とはCoach Universityに他なりません。
しかしCoach UniversityとICFの発足は同じ年(1992年。ただし正式なICFの設立は’96年)。
そして、このコラムの掲載か2002年。
設立から10年経った時点で「最近」「半年足らずで1万人の会員を集めた」と言っているのです。
・・・では、それまでの10年間のCoach Universityとはどんな状況だったのだろう・・・

それともう一つ、Coach UniversityとICFの関係について述べられている文献も極めて少なくて、同じ年に発足されたのだから、ICFの設立には相当Coach Universityの意向が反映されていると考えられるのですが、平野氏は「ICFに対抗する脅威的な存在」と語っているのです。
・・・どうやら、日本には伝わらない「何か」があるようです。
というか、それらは意図的に隠匿されているのでしょうか?

ちなみに同じコラムの中にはこんな記述もあります。

「日本におけるコーチングの広がりは、特にマネジメントの領域で欧米の何倍もの速さで広まっています。日本のコーチング業界を育てるパイオニアとしてのミッションは、知識と実践の両方をスキルアップすることであると感じています。日本発コーチングモデルが世界基準になるのも、そう遠くはないのかもしれません。」

・・・つまり、日本のコーチングビジネスは本家米国をしのぐ勢いであると?
加えて「日本発コーチングモデル」が「世界標準になる」可能性もあると?
本当に世界標準になるかどうかという可能性については今は何も語れませんが、ここで注目すべきなのは「日本発コーチングモデル」という記述です。

記憶によるとコーチ21の沿革には、前身の会社が「Coach Universityと日本における独占提携契約を結ぶ」とあります。
コーチングについては疑問だらけのわたしですが、一番の疑問は肝心のCoach Universityのカリキュラムや理論がまったく明らかにされていないことに尽きます。
CTIは公式ガイドブック的なものがあります。
しかしマス・レナード氏はカリキュラムや理論について一切「書いていない」

これは米国のAmazonサイトで確認した結果です。
レナード氏の著作で日本で翻訳されているのは、いわゆる「ポジティブシンキング」関係の本が2冊のみで、しかしこれは本国米国でも似たような状況でした(これも後ほど書きます)。
ただしトマス・レナード氏は、数年前に若くして亡くなられています。
もし存命であれば、独自のコーチ論や、コーチングビジネスの歴史についてとか、書いてくれたかもしれません。
そういう意味では、とても残念です。
が、結果論で残念と思えるだけで、レナード氏が存命であっても「理論書」を著述したとは思えません。

このように日本にいて、日本語の文献を漁る限りにおいては、日本のコーチ業界とCoach University、さらには国際コーチ連盟との温度の違いに驚かされる。
・・・もしくは深い亀裂が感じられる・・・と考えられてなりません。

トマス・レナード氏は・・・とても有能なコンサルタントだったのかもしれません。
書籍(難病患者を支えるコーチングサポートの実際)に「レナード氏が自分が構築してきた理論や技術をコーチングとしてまとめ」Coach Universityを設立したと書いてあることも事実なのかもしれません。
というか、現時点のわたしには、そう推測するのが限界です。

そういう前提で少し穿った見方をすれば、レナード氏亡き後のCoach Universityには、あまり魅力がないのかもしれない。
見方を変えれば、Coach Universityと「良好で緊密」な関係を続けられない理由があるのか?とも考えられるわけです。

でもとにかく、マイルズ・メイル氏が何を書いたかはっきりしないように、Coach Universityについてもまったく見えてこないのは事実。

つまり最早「Coach Universityも年表を埋める道具」になってしまったようです。
これだけは間違いのない事実。

もちろん、日本においては、という意味ですが。
posted by Shigeo at 21:31| 【3】コーチングを発明した人々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。