2008年10月04日

(6)避けたかった事情

どうしてコーチングは「コーチング」という紛らわしい命名を選択しなければならなかったのか?
それはこういう理由です。

実は、ポジティブシンキングや成功法則は両刃の剣で、自己啓発セミナー業者に利用されやすい側面を持っていました。
そして事実、利用されてきたのです。
自己啓発セミナーも(一般的な)コーチングも、基本的思想は同じです。
「人間には無限の可能性が秘められている」
「常識や身に付いた考え方が邪魔をして、それらを発揮できていないだけだ」
別に考え方としては問題ないのですが、自己啓発セミナー業者にはピンからキリまでいました(そして現在も事情はあまり変わっていません)。
事実怪しいところは、受講者を部屋に閉じこめてほとんどマインド・コントロールのようなことをやってしまう。
被害者団体や救済組織なども存在し、カルト教団問題と酷似していますが、まさしくこの類似点が、自己啓発セミナーが敬遠される理由なのです。

分かりやすい例で説明します。
たとえば「新興宗教」と言っても、それはとても広く奥深い分野です。
しかし宗教というだけで身構える人たちはいる。
残念ながらこれは事実。
もちろん怪しくない教団、真面目で真摯な教団も多いのですが、一部のカルト教団のせいで、新興宗教そのものが「危険視」されてします。
自己啓発セミナーが抱える問題もこれとまったく同じです。

もう一つのやっかいな問題は、ポジティブシンキング・成功法則と自己啓発セミナーは、同じヒューマン・ポテンシャル・ムーブメントから生まれたという事実です。
それ故にポジティブシンキングや成功法則は、詐欺的な自己啓発セミナーの中でも語られることになった。仕方ないのです。思想は同じなのですから。

このような背景があるから、同じ思想的背景を持つコーチングは、自己啓発セミナーに取り込まれない仕掛けがどうしても必要だった。コーチングを発明したグループはどうしても避けたかったのでしょう。
だから、なるべくポジティブシンキングとか成功法則、もしくは幸福を勝ち取るとか自己実現とか、そういう連想を避ける術を考えた。
それがヒューマン・ポテンシャル・ムーブメントをまったく連想させないコーチングというネーミングだったのです。

もちろんすべて憶測の域を出ません。
が、根拠がまったくないわけではありません。

実は結局、コーチングは自己啓発セミナー業界に嗅ぎつかれてしまいました。
例えば自己啓発セミナーの問題を告発するグループでは、怪しいキーワード一覧に「コーチング」を含めています。「コーチングは怪しい場合がある」というのです。
この事実は、カルト教団と同様に危険だと指摘されている自己啓発セミナーで、コーチングがすでに利用されている事実を物語っています。

考えてみればこれはとても残念な経緯です。
なぜならどうしても避けたかった展開を、広く知られることで結果的に招いてしまったわけですから。
しかし考えてみれば、これはどうしても避けられない流れだったのかもしれません。
というのも自己啓発セミナー屋は、利用できるものは何だって利用するわけで、彼らにしてみれば「コーチング」は大量にストックしているアイテムの一つに過ぎないでしょうから。

それよりも、この画期的なネーミングのお陰で、社会に素早く浸透し、発明グループの思惑をはるかに超越して広まったのですから、ネーミング戦略は成功したととらえた方が健全で有益かもしれません。

さて、ではこれほどの発明を成し遂げたのは、いったいどんな方だったんでしょう・・・
posted by Shigeo at 23:30| 【4】コーチングの理論基盤 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。