2008年08月30日

(1) コーチングとの出会い

コーチングはとても画期的で有用な対人援助技法です。
くわえて「導入効果が測定しやすい」
また偶然なのか時代的な要請だったのか、同時期に開発された経営戦略手法「バランス・スコアカード」との親和性が高く、バランス・スコアカードと同時にコーチングを導入すると、さらに導入効果が向上すると言われています。
それ故に企業への導入が促進され、大手企業で一度もコーチングに触れていない企業は存在しないのではないか?
などと言われたりもします。

日本でコーチングが一気に広まったきっかけとして、日産自動車のゴーン社長の存在があげられます。
ゴーン氏は、経営危機に陥った日産自動車に乗り込み、様々な革新的な施策を断行し、日産自動車のV字改革を成し遂げました。
実は、彼が矢継ぎ早に実施した改革の中の一つにコーチングがありました。
日産自動車では全管理職にコーチング研修を行い、現場での実践を義務づけたそうです。
それまでは、用事があると部下をデスクに呼びつけ、背もたれに寄りかかったままで話を聞いていた管理職たちが、コーチング研修を受けた後、自ら部下のデスクに赴き、腰を落として部下と同じ目の高さでにこやかに話しかける・・・
そんな情景が、テレビなどのメディアで幾度も取り上げられ、これによってコーチングが広く日本に知られることとなったのです。

しかしこれはある意味、衝撃的な出来事でした。
日本にはホワイト・カラーの現場にも「技術は教わるのではなく盗め」という慣習が根強く残っていて、たとえば営業職にあっては、バブル崩壊後様々な価値観が崩壊したにも関わらず「根性」「足で稼げ」「体育会系」などが依然としてキーワードとして通用していたのです(現在でも見受けられることは少なくないのですが)。
当然、上司には強く厳しい態度や気持ちが求められます。
成果主義が取り入れられてからは尚更でした。
ところがメディアで取り上げられた日本を代表する企業の変革の様子が、ホワイト・カラーの「理想の管理監督者像」を一変させてしまったのです。

また、ビジネス・コーチングがそれほど抵抗なしに受け容れられた背景として、何よりも部下に受けがよかったからだと考えられます。
それは考えてみれば当然。
なにしろ高圧的で否定的で独善的だった上司が、人格が180度変わったように、友好的で肯定的で協調的になったわけですから。

たぶん、この出来事をきっかけとして、世代間のコミュニケーションギャップに腐心していた多くの企業で、コーチングの導入が加速化されたのです。
ビジネス・コーチングは、ゴーン氏が日本に広め、根付かせたと言っても過言ではないでしょう。

もちろん日産自動車に導入されるまで、日本にコーチングがなかったわけではありません。
なかったどころか、コーチングを日本で初めて紹介し、いち早く提供を始めていた組織があったからこそ、日産自動車は容易にコーチング研修を導入できたのです。

いつも感心させられるのは、どんな分野にも先見性を持った人物が存在するということ。
日本のコーチングも、まさに天才的な先見性を持ち合わせていたある人物によって普及したのでした。
(いずれ、この方についても言及します)

ところで、わたしコーチングと出会ったのもこの動きのさなかでした。
最初に手に取った書籍は、スポーツ・トレーナーによる(ビジネスでも活用できる)コーチングの入門書でした。
が、実はこのとき、わたしはコーチングに何の意味も価値も見いだせなかったのです。
それは単なる「チーム・マネジメント」を語っているように感じられました。
なんだか損をした気分と、自分の理解力が足らないのかという負い目と、その両方を感じたことを今も覚えています。
まとめると「釈然としない」感じでした。

実は、これが現在も続く「コーチングの最大の誤解」なのですが、この時はそんなことを知るよしもなく、わたしは「コーチングはつまらない」と結論付けてしまったのです。

さて、再度コーチングと出会ったのは、わたしがカウンセリングを始めてからのことです。
様々なカウンセリング理論を学ぶ過程で、コーチという肩書きを持つ人たちと出会いました。
しかし彼等が語るコーチングは、かつてわたしが手に取った書籍の内容とはまったく異なりました。
異なりましたが、その時は(その理由を)深く考えず、勧められるままに推薦図書を読み、そしてようやく合点がいったのです。

以来わたしは、カウンセリングを行いながら、コーチングを学び始め、今に至ります。

このようにして日本に根付いたコーチングですが、それではいったいコーチングとは、いつ誰が考え出した理論(もしくは技法)なのでしょう。
ふつう・・・・新参者はこういうことが気になります。
少なくともわたしは知りたいと思いました。
そして大抵は書籍の奥付に年表や参考文献があって、それを切っ掛けに源流をたどっていけば事足りるのです。
ところがわたしは、ここで思わぬ苦戦を強いられました。
結論から述べれば「わからない」のです。
途切れ途切れに散在するエピソードが、不思議なことにつながらない。

これが最初の違和感。
最初の疑念でした。
それではまず、コーチングの歴史について検証していきましょう。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。