2008年12月07日

(12)決別に至る経緯、またはパンドラの箱(下)

さて、このように両者は「コーチング」と名乗ってはいるが、あまりに思想が異なっている。
これだけであれば単に「同じ名前にしただけ」とも考えられます。
つまり争点は「どっちが本家か?」という名産品や郷土料理の争いということになる。
しかし現実には、両者を含む多くのコーチ養成機関には、ある共通のスキルや思想が共有されている。
この驚くべき共通項から、何かしらの「原型」があったのではないかという推測が成り立ちます。
それは「傾聴・承認・質問」などと呼ばれるコミュニケーション技法です。
どの流派、どの養成機関であってもこの3つは外しません。いわば三種の神器です。
いっそ「質問は一切しない」という流派があれば簡単なのですが、残念ながらわたしは出会ったことがない。
したがって、目的や結果が如何に異なろうが「傾聴・承認・質問」を含む限り、コーチング理論は一つの「原型」から派生したものと解釈できると考えます。
この推論から、未だまったく見えてこないCoach Universityのカリキュラムの中にも「傾聴・承認・質問」は含まれているのだと容易に想像できるのです。

そこでわたしは以下のように推察し、隠された物語を再構築しました。

レナード氏は、フィナンシャル・プランナー時代に培ったノウハウをコーチングと名付け、これを養成する機関を作ることでビジネス的な成功を夢見た。
ただしフィナンシャル・プランニングや成功法則だけでは養成機関として物足りない。
まして既存の自己啓発セミナーとの差別化ができない。
そこで彼は、様々な分野の専門家に協業を打診したのではないか?
その結果集まったのがCTI創立者の誰か。
他にもいたかもしれません。

レナード氏がどの程度まで現在のスタイルのコーチングを想定していたかは判然としませんが、結果的にCoach Universityが実利的、CTIが人間形成的であるという事実から鑑みれば、レナード氏は最新のカウンセリング・セラピーの対する理解や共感が薄かったのではないかと考えられます。
つまり、レナード氏の呼びかけに応じたCTI創設者は、コーチングという言葉には果てしない魅力と可能性を感じたが、結局レナード氏の実利主義についていけなかったのではないか。

たとえば、CTIはかなり詳しい理論やスキル・ツールに至るまでを書籍で公開しています。
そういう意味で「コーチング・バイブル」はとても有益な書籍です。
しかしCoach Universityの理論やスキルを解説した書籍は、少なくても日本語では入手できない。

これは何を意味するかというと、カリキュラムやツールを非公開化することで、ビジネス利益を集中させる手法を用いている可能性です。
つまり養成講座への申し込みがマニュアル開示の条件です(自己啓発セミナーの常套手段です)。

もし理想論的に「人間の成長をサポートする取り組み」を世の中に広めたいと思うのならば、養成機関を作るにしてもその理論やスキル、ツールを書籍やWebサイトで公開するのが自然です。
「啓蒙」とはそういうものです。
誰もが手軽にその思想に触れることができ、賛同することも批判することも受容する姿勢です。
自己啓発セミナーが問題視されるのは、まさにこの「啓蒙」思想の欠如にあります。
「詳しくは別室で」「もっと知りたければ入会して」と勧誘して導いた先にあるものは閉じられた世界での批判反論を排除した一義的な思想、すなわち「洗脳」です。

さて、レナード氏の持っていたノウハウとCTI創設者の心理学的理論やスキルを融合すれば、それはとても画期的で、有用性の高い取り組みになったと想像できます。

しかし両者は水と油くらいに考え方も理想もかけ離れていたのでしょう。
一度は共同事業化を夢見ましたが、それは無惨にも潰え、かなりぐちゃぐちゃの状態で両者は別々に事業を立ち上げたのではないか?

そしてたぶん、パテント、著作権などは後回しになり、それぞれが創立後は両者の関係も疎遠になり(断絶したかもしれません)、最早うやむやにして闇に葬るしかなかったのではないか。
つまりわたしが明らかにしてきたことは、開けてはならないパンドラの箱だったのです。

わたしはとにかく不思議でなりませんでした。
米国は何でもかんでも商標登録する国です。
「コーチ、コーチング」は無理でも「ビジネス・コーチ」「パーソナル・コーチ」は商標登録できたはずです。
しかししていない。
できなかった。
(ちなみに他社によって「health coach」は商標登録化されている。この事実をもってしても初めてビジネス・コーチと名乗った組織(個人)が商標登録しなかったことはあまりに不自然です)

これだけでは、創設期の激しい混乱の事実を物語る証拠としては不十分でしょうか?

しかしこんな想像をしてみると「コーチング・バイブル」の謝辞にさり気なくレナード氏の名前をもぐり込ませた・・・この事実がとても胸に響いてくるのです。
posted by Shigeo at 20:22| 【3】コーチングを発明した人々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。